廣過 鞠村  
 紗購廣
   塋章岱嗣  |  購液
梁椣戻幣〉瓶斟太卜鴬範屬字崙距屁艇議仟惜裏鴬嬖催鰯協厮狛豚萩嶷仟鰯協羨軸嶷仟鰯協仟惜裏鴬〃  |  購液

~狸芹棒弌頃~

海鐙徽夕謹忖富晩崗贋慧仇

 
 
 

晩崗

 
 

突らの瞬で KAT-TUN  

2009-08-09 07:41:05|  蛍窃 梧爆梧簡 |  炎禰 |訟烏 |忖催 匡堋

  和墮LOFTER 厘議孚頭慕  |

 



突らの瞬で
恬簡歳〔鏈葉
恬爆歳〔鏈葉
園爆歳〔鏈葉

この弌さな瞬で この扮を伏きて
このちいさなまちで このときをいきて
ko no ti i sa na ma ti de ko no to ki wo i ki te
壓宸倖弌廓偏戦 試壓輝和宸倖扮震
突らは 竃氏った あのまぶしい 歪の晩
ぼくらは であった あのまぶしい なつのひ
ho ku ra ha de a tta a no ma bu shi i na tu no hi
厘断 獏 壓椎勦凛議 歪晩

突らはいつも 苧晩を需ていた
ぼくらはいつも あしたをみていた
bo ku ra wa i tu mo a shi ta wo mi te i ta
厘断匯岷 豚棋彭苧爺
ほんの富し 嘘阜びするようにして
ほんおすこし せのびするようにして
ho n o su ko shi se no bi su ru yo u ni shi te
憧凋仇 詒致埃些ご麭撒

やがて いつからか 埴といるこの魁侭が
やがて いつからか きみといるこのばしょが
ya ga te i tu ka ra ka ki mi to i ru ko no ba sho ga
音岑祇 貫採扮軟 嚥低壓匯軟議宸戦
突の伏きてゆく 弊順になった
ぼくのいきてゆく せかいになった
ho ku no i ki te yu ku se ka i ni na tta
祥撹阻厘弊順議畠何
兜めて 埴を 需つけた あの晩
はじめて きみを みつけた あのひ
ha ji me te ki mi wo mi tu ke ta a no hi
兜肝 才低 獏議 椎匯爺
融きiける 楳い腎が ただ Aいていた
つきぬける あおいそらが ただ つづいていた
tu ki mu ke ru a o i so ra ga ta da tu du i te i ta
匯李涙縞議 清爺 涙渮喇

記い瘁孜を 豊かの罎
あわいこうかいを だれかのなみだを
a wa i ko u ka i wo da re ka no na mi da wo
記記議朔孜 蝶繁議凛節
いつの晩か ふり卦る 扮が栖るんだろう
いつのひか ふりかえる ときがくるんだろう
i tu no hi ka fu ri ka e ru to ki ga ku ru n da ro u
賜俯嗤匯爺 厘繍嶷仟指綱宸匯肝

需えない隆栖に 連をひそめて
みえないみらいに いきをひそめて
mi e na i mi ra i ni i ki wo hi so me te
徳連參棋 心音需議隆栖
それても 突らは 書を伏きている
それても ぼくらは いまをいきている
so re te mo bo ku ra wa i ma wo i ki te i ru
軸聞泌緩 厘断 挽隼試壓輝和

いつか 知の 除くまでいけるのかな
いつか ゆめの ちかくまでいけるのかな
i tu ka yu me no ti ka ku ma de i ke ru no ka na
頁倦嗤匯爺 辛參真除 知覽追躅
でもそれは まだ ずっと 枠のことみたいだ
でもそれは まだ ずっと さきのことみたいだ
de mo so re wa ma da zu tto sa ki no ko to mi ta i da
音狛椎貌窄 珊頁 載消參朔議並秤
突らは なんだか 識ぎすぎている
ぼくらは なんだか いそぎすぎている
bo ku ra wa na n da ka i so gi su gi te i ru
厘断 湖状貧 挫駝識阻匯泣
寄俳なことさえも 梨れるくらい
たいせつなことさえも わすれるくらい
ta i se tu na ko to sa e mo wo su re ru ku ra i
封崛梨阻 厚嶷勣議並秤

書は 突らを佚じていたい
いまは ぼくらをしんじていたい
i ma wa bo ku ra wo shi n ji te i ta i
嶬 勣猥杜卉
書の徭蛍を 佚じていたい
いまのじぶんを しんじていたい
i ma no ji bu n wo shi n ji te i ta i
勣猥 嶬攀鍔埃
豊も 突らを畳して 範めはしないだろう
だれも ぼくらをけっしてして みとめはしないだろう
da re mo bo ku ra wo ke sshi te shi te mi to me wa shi na i da ro u
軸聞 短嗤繁 垳吭範辛厘断
豊も 畳して蛍かろうとは しないんだろう
だれも けっしてわかろうとは しないんだろう
da re mo ke sshi te wa ka ro u to wa shi na i n da ro u
軸聞 短嗤繁 垳吭阻盾厘断

冥しても 冥しても 需つからないけれど
さがしても さがしても みつからないけれど
sa ge shi te mo sa ga shi te mo mi tu ka ra na i ke re do
陳殿儖儖遅遅 兵嶮音需忸唹
鳩かなことは きっと どこかに あるよね
たしかなことは きっと どこかに あるよね
ta shi ka na ko to wa ki tto do ko ka ni a ru yo ne
猥 嗤乂鳩糞議並麗 匯協祥贋壓噐 蝶侃
やるせない襪い 埴の丶冲に えた
やるせないおもいは きみのえがおに きえた
ya ru se na i o mo i wa ki mi no e ga o ni ki e ta
佃參電撚議秤偖 咀葎低議丶否 遇冖堝柊
瞬は 書 たそがれて 突らを淫んだ
まちは いま たそがれて ぼくらをつつんだ
ma ti wa i ma ta so ga re te bo ku ra wo tu tu n da
緩震議瞬祇 參頂弼仔肢 律汎彭厘断

いつか 知の 除くまでいけるのかな
いつか ゆめの ちかくまでいけるのかな
i tu ka yu me no ti ka ku ma de i ke ru no ka na
頁倦嗤匯爺 辛參真除 知覽追躅
でもそれは まだ ずっと 枠のとみたいだ
でもそれは まだ ずっと さきのとみたいだ
de mo so re wa ma da zu tto sa ki no to mi ta i da
音狛椎貌窄 珊頁 載消參朔議並秤
兜めて 埴を 需つけた あの晩
はじめて きみを みつけた あのひ
ha ji me te ki mi wo mi tu ke ta a no hi
兜肝 才低 獏議 椎匯爺
融きiける 楳い腎が ただ Aいていた
つきぬける あおいそらが ただ つづいていた
tu ki mu ke ru a o i so ra ga ta da tu du i te i ta
匯李涙縞議 清爺 涙渮喇

 

  得胎宸嫖
 
堋響(56)| 得胎(1)
容呪 廬墮

煽雰貧議書爺

壓LOFTER議厚謹猟嫗

得胎

<#--恷仟晩崗蛤鴬晩崗--> <#--容呪晩崗--> <#--哈喘芝村--> <#--鴬麼容呪--> <#--昧字堋響--> <#--遍匈容呪--> <#--煽雰貧議書爺--> <#--瓜容呪晩崗--> <#--貧匯鐙和匯鐙--> <#-- 犯業 --> <#-- 利叟仟療鴻御 --> <#--嘔円庁翠潤更--> <#--得胎庁翠潤更--> <#--哈喘庁翠潤更--> <#--鴬麼窟軟議誘同-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

匈重

利叟巷望井幡侭嗤 ©1997-2017